* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.01.02 Wednesday * | - | - | -
* ギリアムの年齢について
考察ブログとしてぶち上げてみたはいいですが、そんな仰々しい名目だと何も書けないのに気付いたので(笑)語り色を強くすることにしました。
飽くまで私見なので御了承ください。

そんなわけで(ようやくの)初回は彼の年齢と寿命について。

長命種という設定は電規大百科に記述があるのですが、そこ以外では明言されていません。
少なくとも出典とされているヒーロー戦記にはなかったように思います。
それ以外にも何かと間違った記述が多く、この大百科の信憑性は薄いと私は考えています。
F(完結編)では確かに意味深な発言があったので、裏設定として存在していた可能性がありますが。
彼の根本的な部分である予知能力の設定自体が4次の時点では忘れられていたということはさておき。

そしてOG。上述通り怪しげだった長命種設定ですが、これで公式化された、と考えて良さそうです。
イングラムやヴィレッタが年齢不詳で通っているのに対し、彼は“自称”27というある意味最も怪しい年齢設定になってしまいました。
同僚であるゼンガーやエルザムとのバランスと謎っぽさの両立、ということになるのでしょう。製作者の意図としては。
私は作中描写>>>文章での設定と思っていますが、OGs版シュテルン戦で「人の使命などたかが知れたもの」「人ならばな」という問答があるので、彼はやはり「人ではない」ということになります。
彼の台詞ではヴィレッタやラミアは人であるはずなので、この台詞には彼が広義で「人」ではないという意味が含まれることになるのではないでしょうか。

ここで注目したいのがヒーロー戦記におけるウルトラ系の設定。
あの世界ではウルトラ族はある種の超能力者の一族とされています。
そして彼らと対立する異星人ですが、フラスコ論やウルトラ族の定義からすると、こちらで一般的に使われる“異星人”とは意味が異なるのではないでしょうか。
そもそも原作からしてウルトラマンたちも異星人であり、友好的であるかどうか・姿が人間に近いかどうかの違いしかないので、彼らがそういう種族となっているエルピスでは敵性宇宙人も、ウルトラ族と同様特殊能力を持った一族と考えるべきだと思います。
一般的な人間とは少し違う進化を遂げ特殊な能力を持った人々、しかし擬態能力を持ち普段は人間に紛れて暮らしている――それがあの世界での“異星人”ではないでしょうか。
妖怪やデカレンジャー世界の異星人(あれは本当の異星人ですが)のようなものだ、と。
何故そういう名称で呼ばれることになったのかと言えば、現実世界の「有色人種は人間ではない」といった差別意識のようなものではないかと思います。
「同じ星のものだと認めたくない」という。実際かなりかけ離れた種族となっていますしお互い見下しているので、そういう言葉が生まれても仕方のない土壌があります。
ヤプールの台詞(原作からすれば、最も信用し難い類に思えますが……)に我ら虐げられし者、というものがありますし。

話をギリアムに戻します。
つまり、私が思うのはギリアムもこういった“異星人”の1人であるのではないかということ。
前述のシュテルン戦でその後大いなる終焉云々を「理解不能」という彼に対し、ギリアムは「それではただの異形」と言っているので、逆に彼は“ただの”ではない異形と考えられるのではないかな、と。
太極だの終焉だのはプレイヤーにも理解不能なのですが(α3のアカシックレコードやアポカリュプシスにあたるのでしょうが)そこはさておき。
OG世界では生物は皆2つのルーツから進化した、よって自然に生まれた知生体は皆人間らしい姿を持っている、ということになっていますが、彼はあの世界ではない別の世界から来たので、そうでない姿でも別におかしくはないと思うのです。
だからもしかしたら彼には普段の姿や仮面ではない別の姿があるのかも……?

後付けだから、と言うことも出来ます。
しかしゲシュペンストやXNガイストはガンダム的なロボット工学、アポロンの仮面はガンダム的な上半分ではなくライダー的なフルフェイス(ライダーマンも個人的には割と好きですが)とわかりやすい要素があるのに、ウルトラ的なものはあまり見当たりません。
その3つの要素が混じりあった実験室のフラスコの世界で生まれた彼、やはりウルトラ的な要素も持っていると考えるのがそれらしいのではないでしょうか。
強いて言うならテレポートはウルトラっぽいですけど……

そんな訳で、ギリアムは人と違った姿と寿命をもった存在、と考えてみる次第。
私個人としてはそういうのがない普通の人な方がいいんですけどね(OT信者なので……)

こんな感じに思っていることを書き連ねてみました。拙いですがどうだったでしょうか?
ツッコミその他諸々大歓迎です。それでは。
2008.07.26 Saturday * 05:18 | 考察&語り | comments(0) | -

| 1/1Pages |